美容

これだけでいいの?!猫背をラクラク矯正する為のコツ

2017年8月16日

「もうギブアップ!!!」がんばって姿勢を正していても、1分ももたないどころか、余計に疲れてしまうことってありませんか?

猫背だと、貧相に見えてしまったり、お腹もお尻もたるんだりと、体型も崩れやすくなりますよね。そんなことは自覚できていても、昔からのクセになっていると、改善するのにとても大変な思いをします。

そんなあなたに、まずはじめに知ってほしいことが2つあります。それは、

①本当に正しい姿勢は何分たっても疲れないということ、
②猫背は自分で簡単にラクラク改善できるということです。

この記事では、鍛えない、頑張らない、時間をかけないで、ラクラク猫背を改善するための2つのコツをご紹介します。

自分らしさを輝かせて、胸をはって生きていく。自分が興味を持った人から好かれたり、良い人間関係を築いていく。
猫背の矯正を通じて、そんな楽しく充実した人生になりますように。

なぜ、姿勢を正すと疲れるのか?

突然ですが、この2つの写真、どちらが姿勢がよく見えますか?

そうです。2つとも猫背ではありませんし、見た目もまったく同じです。けれど、この2つには大きく異なることがあるんです。

じつは、左の姿勢はムリして頑張って姿勢を正しています。それに比べ、右の姿勢はリラックスしていて、とても気持ちがいいのです。

それぞれ見た目はまったく変わらないのに、なぜ、「楽ではない姿勢」と「楽な姿勢」に別れてしまうのでしょうか?

もしも、今まで何をしても猫背を改善できなかったのなら、あなたも無意識のうちに、「楽ではない姿勢」をとって姿勢を正しているかもしれません。

本当の「正しい姿勢」は疲れない!

いま、立っている人も、座っている人も、その場で「正しい姿勢」をとってみてください。その時、下記のような状態になってしまうことがありませんか?

  • 3分も持たずに猫背になってしまう
  • 猫背でいる方が楽に感じる
  • 息が苦しくなる
  • 体を動かしにくくなる

もしも1つでも当てはある場合は、ムリに良い姿勢に見せている可能性があります。

反対に、本当の「正しい姿勢」をとると、下記のような状態になります。

いつもより体の力が抜けて、リラックスしているのが分かる
いつもより呼吸がしやすい
時間が経っても猫背に戻らない
いかがでしょうか?

もしもあなたが「楽ではない姿勢」でムリヤリ姿勢を正しているのなら、それはとてももったいないことです。

なぜなら、本当の正しい姿勢さえわかれば、あなたは今すぐ猫背を改善する事ができるからです。

そこでさっそく、本当の「正しい姿勢」が一瞬で分かる、ある実験をしてみましょう。

本当の正しい姿勢が分かる「ヒザ立ち」をしてみよう

一瞬で正しい姿勢の感覚をつかむ方法とは、「ヒザ立ち」のことです。まずは、「正しい姿勢」の感覚を覚えるために、実際に体感してみましょう。

写真のように、床にヒザをついて立ちます。普段は猫背気味の人でも、すっと背筋が伸びた感じがしませんか?

このように、ムリに頑張らなくても、自然と姿勢を正すことができます。これが正しい姿勢の感覚です。

「猫背の方がラク」は勘違い

姿勢を正しても、猫背に戻ってしまうのは、「猫背の方がラク」といったイメージがあるからかもしれません。

けれども、現実には、猫背の方が体にとっては大きな負担になっています。

頭の重さは体重の10%ほど。体重が60キロある人は、なんと6キロもの重さがあります。
6キロといえば、生まれたての赤ちゃん約2人分です。
猫背になると、重たい頭を筋肉だけで支えることになり、体はヘトヘトになってしまいます。

けれども、正しい姿勢をとると、骨の上にバランスよく頭が乗り、頭の重さが軽減され、疲れにくくなります。
つまり、「猫背の方がラク」は勘違いで、実際には「正しい姿勢の方がラク」なのです。

先程ご紹介した「ヒザ立ち」をすることで、足裏で立つよりも、支える場所(ヒザ)と頭の位置が近くなり、骨で支えるという感覚がつかみやすくなります。立ったり、ひざ立ちを繰り返していくうちに、どのバランスが一番自分にとって心地良いのかを確認してみましょう。

猫背をラクラク矯正するためのコツ

疲れる事なく、365日美しい姿勢を維持するためのコツをご紹介します。

コツ1:正しい姿勢をクセづける「猫背リセット体操」
コツ2:誰でも簡単に歪みを矯正できる「ストレッチポール」
コツ3:正しい姿勢をキープし続けるための「3つの腔」
コツさえつかんでしまえば、猫背の改善がどれだけ簡単かを理解できるはずです。ぜひ、毎日の生活に取り入れてみてください。

正しい姿勢をクセづける「猫背リセット体操」

猫背の人は共通して、肩が内側に丸まっています。5キロ前後の重たい頭が前に傾くことで、バランスを保つために、肩が内側に丸まってしまうのです。

これからご紹介する「猫背リセット体操」を実践する事で、内側にまるまった肩を自然に広げ、美しい姿勢へと改善する事ができます。

一日でも早く感覚をつかみたい人におすすめです。朝・晩3セットを目標にしてみましょう。

※痛さを感じる場合は、体の柔らかくなっているお風呂上がりに行ったり、はじめは回数を減らすようにしてください。徐々に慣れてきたら、回数を増やしながら実践していきましょう。

1.まず、四つん這いになります。ここから背骨や腰を動かしていきますが、少しでも動かすのが怖い場合には、この姿勢を1分キープするだけでも効果的ですよ。

引用:腰痛ストレッチ|腰痛を悪化させずに痛みを軽減する2ステップ(http://zi-gen.com/lumbago-stretch-1321)

2.お腹を上に引き上げ、背中を丸めます。

引用:腰痛ストレッチ|腰痛を悪化させずに痛みを軽減する2ステップ(http://zi-gen.com/lumbago-stretch-1321)

3.今度は、背中をガクッと落とし、背中を反らします。この状態を1分キープしましょう。骨盤を前に傾けるイメージで行います。

引用:腰痛ストレッチ|腰痛を悪化させずに痛みを軽減する2ステップ(http://zi-gen.com/lumbago-stretch-1321)

この記事を見ているあなた、ほら猫背になっていませんか?

気持ちよく、効率よく、猫背を改善してきましょう。

背筋をはることで、今よりももっと自分に自信が持てるようになれたり、たくさんの人がいる中で、ひときわ輝いて見えるようになります。背筋を伸ばして心をオープンにしておくと、コミュニケーションが上手くとれて、もっと良い関係を築けるようになれる….は少しオーバーですかね?

-美容
-

スポンサーリンク

関連記事

シミを薄くするシミウス。クチコミ通りの効果はあるの?⇒ 実際に使ってみました

シミウスすごい人気ですよね! 先日シミウスを買い求めに渋谷のランキンショップへ行きましたが、品薄が続 …

気が付いたらおでこがテカテカ!テカリ顔を招いているNGメイクとは?

まだ5月とはいえ、日差しが強く夏日も増えてきましたね。 暑い日は特に顔がテカってしまいがち。パウダー …

意外と知られていない!?日焼け止め選びで重要なSPFとPA+

肌トラブルや老化の原因として代表的なものが紫外線。 美肌を維持したい女性にとって、日焼け止めはもはや …

健康にも美容にも良い“クミン”の食べ方とは?

健康的な生活に熱心な人の間で最近では素材ではなくスパイス(香辛料)にこだわって意識している傾向があり …

“ローハニー”を使った美容効果にクローズアップ!

ローハニーとは生ハチミツのことです。 保湿、アンチエイジング、抗菌などおうちで簡単にできる美容効果を …