ライフスタイル 健康 美容

生理中の重い気分や肌荒れを乗り切る“食べ物”をご紹介!

月に1度の辛い生理。

気分が重く、肌や胃も荒れ気味で遊びやデートの誘いにも気乗りしないですよね。

でも実は少しだけ視点を変えることで肌をきれいにするチャンスかもしれません!

今回は生理中の食事法をご紹介します^^

生理期間中は自然食品

自然食品にして胃腸に優しく体内からリセットしてあげましょう。

でも、いきなり食生活をガラリと変えるのは何かと大変ですよね。

無理せずに少しだけ切り替えてみましょう。

冷たいものや温かいものなど本来の素材を生かした調理法や、お砂糖をなるべく使わず自然の甘みを優先したり、未精製の油をつって調理をしたり、白米に玄米を足してみるなど無理せずに自然食品を取り入れてみましょう。

生理期間中におすすめの食材

●れんこん
よく見ると胃腸の形にも似ているれんこん。
見た目通り、胃腸に優しく冷えを取るにも効果抜群なのです。
生理痛で食欲がない・・・そんなときにはれんこんをすりおろしてスープにして飲むのがオススメです。

●納豆

納豆に含まれる栄養分は子宮の炎症を抑え、痛みを軽減してくれると言われています。
納豆には大豆イソフラボンも1パックあたり約36mgと豊富に含まれているからこそ、生理中はもちろん、女性ホルモンのためにも意識的に取りたいものですよね^^

●アボカド

アボカドも生理中におすすめの食材のひとつ。
100g中3.3mgとビタミンEが豊富に含まれているアボカドですが、ビタミンEには女性ホルモンのバランスを整える効果があるのです。
ホルモンが乱れがちな生理中はアボカドを使ったレシピをプラスしてみてくださいね。

生理中は体のリセット期間のようなものです。

オイリーなジャンクフードは控えて、玄米や野菜中心の食生活で心も体もデトックスしてみてはいかがですか?^^

-ライフスタイル, 健康, 美容
-, , , , , , ,

スポンサーリンク

関連記事

五月病?!連休明けの憂鬱な気持ちを吹き飛ばす方法

GWが終わり、普段の日常生活に戻っても“やる気が出ない”“気持ちが前向きにならない”「五月病」と呼ば …

シャワーをやめるとどうなる?

腸内のマイクロバイオームの大切さを多くの人が知るようになりました。健康のバランスをサポートするために …

忘れてませんか?年齢が出やすい“ヒジ”のケア!

暖かい日が増え、薄着の季節になり、何かとボディケアも気になってきますよね? 実は“ヒジ”のケアを忘れ …

美容・健康に良い効果を最大限に引き出してくれる“豆乳”でキレイになろう♡

豆乳といえば『ダイエット』を思い浮かべるかも知れませんがダイエット以外にも美肌効果、便秘解消、生理痛 …

食べ方次第で全然違う“大豆”の美容効果とは?

女性ホルモンに効果が良いお馴染みの“大豆”ですが皆さんはどんな風に食生活に取り入れていますか?今日は …