健康 美容

冷やごはんのカロリーは暖かいごはんの半分!ダイエットと便秘に効く『冷ごはんダイエット』

最近では糖質制限ダイエットなどであまりお米を食べない人も増えています。
確かにごはんはカロリーが高く、温かいごはんは小腸や大腸にそのまま吸収されてしまい、体の中で脂肪となってしまいます。

炭水化物に含まれる糖は脳のエネルギー源となるため、完全にカットするのはNGですがカロリーオーバーを招きがちです。

そこでオススメしたいのが、ごはんを冷やしてから食べる「冷ごはんダイエット」です。

冷やごはんダイエットの効果

お米にはデンプンが含まれていますが、炊いた温かいごはんと冷ごはんではデンプンの質が変わります。このデンプンの質の変化こそが、冷ごはんダイエットのポイントです。
この変化したデンプンは難消化性デンプンとも呼ばれる『レジスタントスターチ』。

この『レジスタントスターチ』は通常のデンプンと比べて消化しにくいという特性があり、食物繊維に似た働きをします。

◆便秘解消
温かいご飯を食べると体内で消化吸収され、エネルギー源として働きます。
しかし、冷やごはんのレジスタントスターチは食物繊維として働き、腸内の善玉菌を活性化させて腸内環境を保つので便秘の解消に効果的です。

◆カロリー
温かいごはんに含まれるデンプンのカロリーは1gあたり4kcalですが、レジスタントスターチは1gあたり2kcalと約半分になります。同じお茶碗1杯のごはんを食べてもカロリーを減らせるのでダイエットに効果的です。また、レジスタントスターチは消化スピードを遅くすることで、血糖値の上昇を抑えてくれます。

レジスタントスターチが含まれるのは、冷ごはんだけではありません。
パスタやうどん、蕎麦、ジャガイモなどでも同じことが当てはまります。
温かいまま食べるのではなく、冷やして食べることで同様の効果があります。

冷ごはんダイエットの注意点

ごはんは、一度冷蔵庫で冷やしたものを食べるようにするのいいようです。

冷凍したごはんを電子レンジで再加熱して常温以下まで放熱するとレジスタントスターチは再び同じように増えていきますので効果があります。
冷やして水分が飛び、デンプンの再結晶化が進めば進むほどレジスタントスターチは増えていくので消化されにくく摂取されるカロリーは減っていきます。

冷たいごはんを摂取しすぎると、体調を崩すこともあるので、できるだけ常温のものを食べるようにしましょう。体調にあった摂取方法をしましょう!

-健康, 美容
-, ,

スポンサーリンク

関連記事

玄米と白米の違いとは?玄米の“健康・美容効果”

健康ブームやダイエットなどで玄米を使った商品やメニューなど見かける機会が増えましたが実際に玄米と白米 …

食欲の秋に要注意!秋太り防止のカギを握るセロトニンとは?

天高く馬肥ゆる秋なんて言いますが、「肥ゆる」のはなにも馬だけじゃありません。私たち人間にとっても、秋 …

オフィスでの乾燥対策は大丈夫?オススメの保湿アイテム!

寒い季節は特に乾燥に悩まされるという人が多いのではないでしょうか? 自宅ならスッピンで化粧水や乳液で …

太りにくい姿勢に整える“背骨ストレッチ”

朝起きると、体がこわばって腰や背中が痛いと感じることありませんか? 体がこわばってまま1日を過ごして …

正しく歩く!体のゆがみを引き起こす歩き方とは?

歩き方も人それぞれに個性や癖があります。 でもその個性や癖が体のゆがみを引き起こしてしまうかも知れま …