ライフスタイル 健康 美容

1000年の歴史を持つ“椿油”の美容効果とは?

2018年2月3日

秋冬になると肌だけでなく髪の毛もパサついてテンションも上がらない…。

同じような悩みを抱えている女性は老いと思います、寒い季節だからこそしっとりと潤っていたいものですよね。

今回は1000年以上も美容に良いと愛されてきた“椿油”についてご紹介します♡

椿油とは?

 

美容系のオイルはたくさん売っていますよね。

その中でも“椿油”にはどんな特徴があるのかをご説明します!

●オレイン酸を多く含むのでお肌になじみやすい
オレイン酸の含有率が85%~90%と非常に高いのです。
同じようにオレイン酸を含むオリーブオイルでも約75%なので椿油の数字は圧倒的に高いですね。
人の皮脂の40%がオレイン酸、つまりお肌の成分に似ている椿油は低刺激でお肌になじみやすいのです。
※低刺激とはいえ、アレルギー反応が出る場合がありますので使用前はパッチテスト等を試してみてください。

●不乾性油だから、保湿効果が高い
椿油に含まれるオレイン酸は空気に触れても酸化しにくく、液体の状態を保ちます。
髪の毛やお肌につけた後もサラリとした油膜がお肌を覆い、水分の蒸発を防いでくれるというわけです。

●殺菌・抗菌効果のあるサポニンを含むからニキビ予防に効果大
サポニンはとても優秀で殺菌・抗菌効果があるため、お肌につけることでニキビ予防にもなるのです。

椿油でヘアケア

 

●洗い流さないトリートメント
シャンプー後、洗面器に半量のお湯を張ったら椿油を2~3滴入れて、かき回します。
椿油を入れたお湯を髪にかけて、全体になじませたらドライヤーで髪を乾かします。
しっとり、艶やかな髪になりますよ♪

●毛先の集中ケア
シャンプー後、タオルドライをして髪を半乾き状態にします。
椿油を手のひらでよく伸ばし、最初に毛先を中心に優しくなじませてから全体にもなじませます、この時につけ過ぎに注意してください。
ショートは1滴、ミディアムは1~2滴、ロングは2~3滴が目安になります。
最後にドライヤーで乾かすと、毛先のパサつきが解消されますよ♪

●お出かけ前のヘアケア
普段使っているワックスを手に取ったら椿油を1~2滴ほど混ぜて髪の毛になじませると乾燥の防止ができ、紫外線からのダメージ予防にも効果があります。

椿油でスキンケア

 

●クレンジング
人のお肌になじみやすい椿油は低刺激のクレンジングとして、とても優秀です。
クレンジングオイルと同様に椿油で顔全体に優しくなじませて、顔の中心から外側へ円を描くようにメイクを浮かせてコットンやティッシュで軽くふき取って洗顔料で洗い流してください。
洗顔後もお肌のつっぱりなどが軽減されますよ♪

●角栓ケア
鼻の毛穴の黒ずみ気になりますよね?
椿油を鼻の周りに塗って3分程、綿棒でくるくると円を描くようにマッサージをします。
角栓は毛穴から出てきた皮脂や、落としきれなかったメイク汚れなどです、椿油をなじませることで角栓が浮き出てキレイにしてくれます。

●ボディオイル
お風呂上りでまだ水分が残っているお肌に少量の椿油を優しく伸ばしていきます。
かかと、ひざ、ひじなど特に乾燥が気になる部分には念入りにケアしましょう。

椿油は長い歴史があるだけあって、美容効果も高く、お肌になじみやすく使いやすい!
とっても優秀なアイテムです!
ドラッグストアでも椿油を売っているので気になる人は椿油で美肌ケア、美髪ケアにチャレンジしてみてくださいね♡

-ライフスタイル, 健康, 美容
-, , , , , , ,

スポンサーリンク

関連記事

日本酒に隠された美容効果がすごい!日本酒で“美肌”になろう♪

日本文化の一つの『日本酒』 日本人だけでなく、海外でも高い人気を集めておりニューヨークの日本食レスト …

年齢を感じさせない若々しいお肌作りのヒミツは“シナモン”だった?!

年齢を重ねるとシミ、しわ、たるみが気になりますよね? その原因は毛細血管のせいかも! 毛細血管が減る …

女性の「美」は健康から生まれる

まずはじめに いま現在のあなたの体型で十分素敵です。 ただ、もっともっと素敵になるためにダイエットを …

無理なく実践!食べ過ぎないコツとは?

食事は私たちにとって楽しみの一つですよね。 栄養バランスや健康など頭で考えていても食事をコントロール …

アナタは大丈夫?“毛細血管のゴースト化”で冷え性になっていませんか?

肌のシミやシワ、白髪といった美容の悩みや手足の冷えなどで悩んでいませんか? もしかしたら、それは“毛 …