ライフスタイル 美容

快眠は明日の美をもたらす!ぐっすり眠るためのコツとは

体は疲れているはずなのにどういうわけか眠れない、横になってもなかなか寝付けない・・・

年齢を重ねるとともに、うまく眠れない人が増えています。

睡眠不足は成長ホルモンの分泌を妨げ、肌の細胞修復・生成に支障をきたし肌荒れが悪化するだけでなく、肌に充分な栄養が行き届かなくなり、くすみ・シワといった肌老化を招いてしまうんです。

美を維持するためには、質の良い睡眠をとることが必須条件!

なので、ここでは健やかに眠るために役立つ情報をご紹介します。

寝付きやすい環境づくりを

◆枕の高さを調整する
リラックスして眠るには、首の骨の自然なカーブを保つことが大切です。

この時の枕の高さは、性別や体格、寝る姿勢によって個人差がありますが、女性なら平均3㎝前後、男性は平均4㎝前後が理想的です。

猫背の人は背中に丸みがある分、標準的な人プラス1㎝ぐらい多く見積もると良いので、上記した理想の高さを目安にして自分で調整してみましょう。

◆快適な室温を保つ
人がぐっすり眠るためには、体温を下げることが重要です。

というのも、人間の体は体温を下げないと体を休ませることができない構造になっているからです。

かといって闇雲に室温を下げればいいわけではなく、低すぎても悪影響になります。

理想的な温度は25~28度、冬場は18度前後。

この温度を保つことで寝つきが良くなり、睡眠の質が良くなります。

◆寝室を睡眠専用の空間にする
ベッドの上でTVを見たりゲームをしたりと、色々な用途に使っていませんか?

実はこれも不眠症の原因になっている可能性があるんです。

生き物の体は条件反射によって意思とは関係なく状態変化を起こします。
例えば、レモンや梅干しを想像すると唾液が出るようなカンジ。

これは寝室にも当てはまることで、ベッドの上を睡眠のみに使うようにすることで、ベッドに入る=これから睡眠に入るという反射が起こり、深く眠れるようになります。

寝酒の意外な事実

ぐっすり眠るために寝酒を飲む人、結構いるんじゃないでしょうか。

ところがこれは逆効果!

最初は寝つきが良く感じますが、アルコールが分解される睡眠後半は交感神経の働きが活発になってしまい、夜中に何度も目覚めやすくなります。

さらに、毎晩のようにお酒を飲んでいるとアルコール耐性ができて、最初のうちに感じられていた寝つきの良さは次第に薄れていくので、お酒の量が増えてしまうことも。

そもそもアルコールには睡眠を直接引き起こす作用はないので、寝付きが良いと感じるのは、ただの錯覚です。

むしろ深く眠ることができなくってしまうので、寝る前の飲酒は避けてください。

無理して寝ようとするぐらいなら1回起きてみるのも手

もし眠れない時間が30分以上続いたら、思い切ってベッドを出て気分転換をしてみるのも吉です。

「どうしよう眠れない」などと考えるのは、ストレスになり不眠に拍車をかけてしまうので、無理して眠ろうとせず、いっそのこと読書などをしてみるといいでしょう。

ただ、この時、あまり部屋を明るくしすぎないよう注意してくださいね。

人生の1/3の時間を占めている睡眠、この質が良いか悪いかで日々の美容も大きく変わってきます。

健やかな美を育んでいくためにも、今回ご提案した中で、できそうなことからでよいので始めてみてください。

-ライフスタイル, 美容

スポンサーリンク

関連記事

嬉しい美容効果!乳酸キャベツで美人度アップ♡

“乳酸キャベツ”をご存知ですか? 今、自宅で乳酸キャベツを手作りする人がジワジワと増えてきています。 …

せっかく痩せたのに皮膚がたるむ…もう戻らない?

ダイエットで食事制限をする人は多いですよね。 そのために栄養不良になってしまいお肌のトラブルが発生す …

話題の美白コスメの実力検証!3ヶ月、使ってみた結果を発表します!

話題の美白コスメの実力検証!3ヶ月、使ってみた結果を発表します! ダイエット・美容ハナ♪ …

健康にも美容にも良い“クミン”の食べ方とは?

健康的な生活に熱心な人の間で最近では素材ではなくスパイス(香辛料)にこだわって意識している傾向があり …

健康的にやせるなら…

食事制限や運動など、ダイエットはツラくて長続きしにくいものばかりですよね… 最初の頃は、「頑張って痩 …