人生論 最新トレンド 美容

サラサラのツヤツヤ美髪にしてくれるキューティクルを守る方法♡

髪がパサつく、ツヤがなくなる、枝毛や切れ毛が増える…それはキューティクルが傷んでいる証拠!

残念ながらキューティクルは復活したり、再生できないのですが修復することはできます^^

今回はキューティクルを修復する方法をご紹介します♡

キューティクルとは?

キューティクルとは髪の毛の一番外側にある厚さ0.005mmの非常に薄くて透明の膜で、たんぱく質でできています。

うろこ状になっていて、根本から毛先までタケノコのように重なっています。

堅い毛だと10枚程度、柔らかい毛だと3枚程度重なっていると言われています。

キューティクルは髪の毛の内部を守るバリアのような役割をしていて、髪の毛を保護してタンパク質や水分を逃がさないようにしています。

キューティクルが髪の表面を覆ってくれていることで、大切な内部のタンパク質や水分が失われないように守り、艶を与えてくれます。

キューティクルがキレイに整っている髪には輝いて天使の輪ができます。

健康な髪ならキューティクルは規則正しく整っていますが傷んだ髪は乱れています。

キューティクルが剥がれるとどうなるの?

キューティクルが剥がれた髪は乾燥しやすく、外部の環境による刺激にとても弱い状態と言えます。

普通に生活している時も髪は外部からの刺激にさらされています。

例えば紫外線だったり、エアコンの風だったり、摩擦等が刺激になりやすいのです。

キューティクルがあり保護力が保たれ健康な髪でしたらダメージにはならないこともありますがキューティクルが少なく、保護力が弱っているとダメージ髪となってしまいます。

髪内部の栄養素(タンパク質)や水分が流れ出て髪が弱った状態だと、パサついたり、避けやすくなって枝毛になったり、切れ毛が多くなったりします。

色素も抜けやすくなるので髪が茶色くなったりもします。

キューティクルを補修する方法とは?

キューティクルと内部のタンパク質の間にはCMCという成分があります。

この成分がキューティクルを剥がれないようにくっつけている接着剤の役割を果たしているものです。

ですが、洗浄力が強すぎる市販のシャンプーなどは、CMCまで洗い流してしまい、キューティクルが剥がれやすくしてしまいます。

キューティクルを補修するためには、CMCが配合された、適度な洗浄力のシャンプーがオススメです。

アルガンオイルなど保湿成分の高いものやオーガニックシャンプーなど髪や肌に優しいものを選ぶようにしてみてくださいね。

また、洗い流さないトリートメントでキューティクルを外側からコーティングしてあげることでダメージを受けない髪にしてくれます。

傷んでしまったキューティクルは再生できないですが、これ以上ひどくさせないためにもシャンプーやトリートメントで補修、保護をして労わってあげましょう。

新しく生えてくる髪は健康な状態ですから、ダメージを与えないようにしっかりケアをして天使の輪ができる健やかな美髪を目指しましょう♡

-人生論, 最新トレンド, 美容
-, , ,

スポンサーリンク

関連記事

“銀杏”がスゴイ!意外と知られていない美容効果とは?

秋から冬にかけて銀杏の木(イチョウの木)が黄金色に輝いて綺麗ですよね! でも銀杏の実は強烈なニオイ! …

美容界が注目する“おへそを温める”美容法が人気!その方法とは?

アメリカやシンガポールで人気なのがおへそを温める美容法。 温めるだけで得られる効果がたくさんあり、日 …

使ってる?“マスカラ下地”は必須アイテム♡

アイメイクの時にマスカラは絶対に塗る!という人は多いけど、マスカラ下地は使っていますか? 実はマスカ …

玄米と白米の違いとは?玄米の“健康・美容効果”

健康ブームやダイエットなどで玄米を使った商品やメニューなど見かける機会が増えましたが実際に玄米と白米 …

マルガレッタ

【美人ママ計画】子育て中でも美肌ケアできるとヒット商品のマルガレッタとは?

子育ては365日、24時間体制でママは休む間なく子育てに全力投球。 見て見ぬふりをしたくなるシミ、そ …