美容

気が付いたらおでこがテカテカ!テカリ顔を招いているNGメイクとは?

まだ5月とはいえ、日差しが強く夏日も増えてきましたね。

暑い日は特に顔がテカってしまいがち。パウダーをはたいてもかえってテカる、なんて人はNGメイクをしている可能性があります!

今回はテカリ顔を招くNGメイクについてご紹介します♡

忙しい朝のスキンケア

朝は忙しいので化粧水はパパッと簡単に済ませていませんか?

しかし、朝の化粧水がメイクの持久力を上げる大きなポイントとなります!

ここで化粧水でのスキンケアを怠ってしまうと、肌の水分量が不足し、危険信号を出して身体から油分が過剰に分泌されてしまい、その結果テカリへとつながってしまうのです。

Tゾーンはテカるけど頬は乾燥しているという混合肌の人は朝の化粧水が足りていない可能性が大きいですよ!

スキンケア商品の使い過ぎ

実はスキンケア、メイクに使用するもののほとんどが油分でできているものばかりなのです。

乳液、日焼け止め、下地、ファンデーション、どれもが油分なのです。

とはいっても突然全部をやめることはできないので、夏季限定でさっぱりしたタイプのものに切り替えましょう。

分量はいつも使用しているよりも少なめの量にして、ファンデーションまでつけた時にやっと“しっとりした状態”になるような『八分目仕上がり』を心掛けて量を調整するのがベストと言えるでしょう!

テカリをパウダーやファンデーションで隠していませんか?

ついついパウダー系の粉もので抑えたくなりがちですよね?

でもテカリを抑えられるのはその一瞬だけ、根本的にテカリが解決したわけではありません。

粉で抑えたため、身体が水分不足と判断してしまい、さらに過剰に油分を分泌してしまうなんて悪循環になりかねません。

まずはスキンケアで水分を与えて油分の分泌を抑えることが大切なのです。

水分を与えることで肌もクールダウンすることができるので、汗の引きも早くなりますよ!

ついついやってしまいがちな事ばかりではありませんか?

この3つのポイントを抑えるだけでテカリを大幅に軽減することができます。

慣れるまでは少し手間に感じてしまうかも知れませんが今年の夏ことテカリに負けない肌作りに挑戦してみてはいかがでしょうか?♡

-美容
-, , , , ,

スポンサーリンク

関連記事

食欲の秋に要注意!秋太り防止のカギを握るセロトニンとは?

天高く馬肥ゆる秋なんて言いますが、「肥ゆる」のはなにも馬だけじゃありません。私たち人間にとっても、秋 …

かぶって寝るだけ!“ナイトキャップ”で美髪になろう!

日本人にはあまり馴染みがないので“ナイトキャップ”といわれてもピンとこない人が多いかも知れませんが美 …

縁起が良くて女子力アップ!オススメの”おせち料理”とは?

明けましておめでとうございます!本年も彩色美人をよろしくお願いいたします! さっそくですがお正月とい …

年齢を感じさせない若々しいお肌作りのヒミツは“シナモン”だった?!

年齢を重ねるとシミ、しわ、たるみが気になりますよね? その原因は毛細血管のせいかも! 毛細血管が減る …

オシャレなおつまみで毛穴も減って美白効果もある“アーティチョーク”とは?

西洋野菜のアーティチョークにはとっても高い美容効果があるのをご存知ですか?更にデトックス効果もあり、 …