美容

気が付いたらおでこがテカテカ!テカリ顔を招いているNGメイクとは?

まだ5月とはいえ、日差しが強く夏日も増えてきましたね。

暑い日は特に顔がテカってしまいがち。パウダーをはたいてもかえってテカる、なんて人はNGメイクをしている可能性があります!

今回はテカリ顔を招くNGメイクについてご紹介します♡

忙しい朝のスキンケア

朝は忙しいので化粧水はパパッと簡単に済ませていませんか?

しかし、朝の化粧水がメイクの持久力を上げる大きなポイントとなります!

ここで化粧水でのスキンケアを怠ってしまうと、肌の水分量が不足し、危険信号を出して身体から油分が過剰に分泌されてしまい、その結果テカリへとつながってしまうのです。

Tゾーンはテカるけど頬は乾燥しているという混合肌の人は朝の化粧水が足りていない可能性が大きいですよ!

スキンケア商品の使い過ぎ

実はスキンケア、メイクに使用するもののほとんどが油分でできているものばかりなのです。

乳液、日焼け止め、下地、ファンデーション、どれもが油分なのです。

とはいっても突然全部をやめることはできないので、夏季限定でさっぱりしたタイプのものに切り替えましょう。

分量はいつも使用しているよりも少なめの量にして、ファンデーションまでつけた時にやっと“しっとりした状態”になるような『八分目仕上がり』を心掛けて量を調整するのがベストと言えるでしょう!

テカリをパウダーやファンデーションで隠していませんか?

ついついパウダー系の粉もので抑えたくなりがちですよね?

でもテカリを抑えられるのはその一瞬だけ、根本的にテカリが解決したわけではありません。

粉で抑えたため、身体が水分不足と判断してしまい、さらに過剰に油分を分泌してしまうなんて悪循環になりかねません。

まずはスキンケアで水分を与えて油分の分泌を抑えることが大切なのです。

水分を与えることで肌もクールダウンすることができるので、汗の引きも早くなりますよ!

ついついやってしまいがちな事ばかりではありませんか?

この3つのポイントを抑えるだけでテカリを大幅に軽減することができます。

慣れるまでは少し手間に感じてしまうかも知れませんが今年の夏ことテカリに負けない肌作りに挑戦してみてはいかがでしょうか?♡

-美容
-, , , , ,

スポンサーリンク

関連記事

アンチエイジングに逆効果!老けやすい食べ物とは?

体に良くないものは取らないのがアンチエイジングの基本。 食べるものによってはアンチエイジングの状態も …

パク女必見!!大人気の“パクチー”の健康効果とは?

タイ、ベトナム料理などのアジア料理には欠かせない“パクチー”の独特な香りにやみつきになる!なんて人が …

せっかく痩せたのに皮膚がたるむ…もう戻らない?

ダイエットで食事制限をする人は多いですよね。 そのために栄養不良になってしまいお肌のトラブルが発生す …

玄米と白米の違いとは?玄米の“健康・美容効果”

健康ブームやダイエットなどで玄米を使った商品やメニューなど見かける機会が増えましたが実際に玄米と白米 …

イギリスで注目のダイエット“サートフード”

イギリスで注目をされている新しいダイエット方法をご存知ですか? 食べるものに注意するだけで、量などは …