美容

気が付いたらおでこがテカテカ!テカリ顔を招いているNGメイクとは?

まだ5月とはいえ、日差しが強く夏日も増えてきましたね。

暑い日は特に顔がテカってしまいがち。パウダーをはたいてもかえってテカる、なんて人はNGメイクをしている可能性があります!

今回はテカリ顔を招くNGメイクについてご紹介します♡

忙しい朝のスキンケア

朝は忙しいので化粧水はパパッと簡単に済ませていませんか?

しかし、朝の化粧水がメイクの持久力を上げる大きなポイントとなります!

ここで化粧水でのスキンケアを怠ってしまうと、肌の水分量が不足し、危険信号を出して身体から油分が過剰に分泌されてしまい、その結果テカリへとつながってしまうのです。

Tゾーンはテカるけど頬は乾燥しているという混合肌の人は朝の化粧水が足りていない可能性が大きいですよ!

スキンケア商品の使い過ぎ

実はスキンケア、メイクに使用するもののほとんどが油分でできているものばかりなのです。

乳液、日焼け止め、下地、ファンデーション、どれもが油分なのです。

とはいっても突然全部をやめることはできないので、夏季限定でさっぱりしたタイプのものに切り替えましょう。

分量はいつも使用しているよりも少なめの量にして、ファンデーションまでつけた時にやっと“しっとりした状態”になるような『八分目仕上がり』を心掛けて量を調整するのがベストと言えるでしょう!

テカリをパウダーやファンデーションで隠していませんか?

ついついパウダー系の粉もので抑えたくなりがちですよね?

でもテカリを抑えられるのはその一瞬だけ、根本的にテカリが解決したわけではありません。

粉で抑えたため、身体が水分不足と判断してしまい、さらに過剰に油分を分泌してしまうなんて悪循環になりかねません。

まずはスキンケアで水分を与えて油分の分泌を抑えることが大切なのです。

水分を与えることで肌もクールダウンすることができるので、汗の引きも早くなりますよ!

ついついやってしまいがちな事ばかりではありませんか?

この3つのポイントを抑えるだけでテカリを大幅に軽減することができます。

慣れるまでは少し手間に感じてしまうかも知れませんが今年の夏ことテカリに負けない肌作りに挑戦してみてはいかがでしょうか?♡

-美容
-, , , , ,

スポンサーリンク

関連記事

カフェインレスで美肌に!カフェイン断ちのメリットとは?

コーヒー、紅茶、緑茶、チョコレート、コーラなどどれも美味しいものだけど全部カフェインが含まれているも …

髪色に合わせるのはNG!眉カラーの選び方とは?

形や太さは流行などを意識して変えるけど色まで意識していますか? 眉の色を変えるだけで顔の印象も違って …

生理中の重い気分や肌荒れを乗り切る“食べ物”をご紹介!

月に1度の辛い生理。 気分が重く、肌や胃も荒れ気味で遊びやデートの誘いにも気乗りしないですよね。 で …

見られてます!“残念なバスト”を作らないためのポイントとは?

異性に限らず、同性からも意外なほどチェックされているバスト。 理想的なバストを手に入れたいと思うなら …

マルガレッタ

【美人ママ計画】子育て中でも美肌ケアできるとヒット商品のマルガレッタとは?

子育ては365日、24時間体制でママは休む間なく子育てに全力投球。 見て見ぬふりをしたくなるシミ、そ …