健康 美容

顔が暗く見えちゃう!?目の下にできる“クマ”を撃退する方法とは?

2018年3月8日

3月に入り、春に向けてのメイク方法も気になりますよね?

寒いと思って厚手のコートで出掛けたらお天気が良くて気が付けばおでこや小鼻がテカテカになっていませんか?

そんな事態を防ぐ化粧崩れしない“簡単テクニック”をご紹介します^^

メイクはしっかり土台作りをしよう!

忙しい朝、スキンケアも簡単に済ませていませんか?

キレイな仕上がりもキレイをキープするのもスキンケアがしっかりできているか否かで大きく変わります。

しっかりと保湿をするように心がけましょう!

スキンケアで肌がなじんでからベースメイクをしましょう。

ファンデーションの前に化粧下地を塗りますが、下地が重要です!

下地を手に取ったら、手のひらで温めましょう。

温めることで肌になじみやすくなります。

塗るときは手で押し込むように頬や額など面積の大きい部分から塗っていきます。

最後に目元、小鼻など細かい部分を塗っていきます。

ルースパウダーを先に塗る!

化粧下地を塗ったらコンシーラーやファンデーションを塗る人が多いと思います、しかし!崩れにくいベースメイクをしたいときはルースパウダーを使用します。

パールなどが入っていない肌色を選んでください。

ルースパウダーをしっかりとパフに取り、両手で揉みほぐすようにしましょう。

こうすることで、パフ全体に粉が行き渡り、ムラを防いでくれます。

ルースパウダーで挟んでナチュラルキレイ!

ルースパウダーが塗れたら、リキッドファンデーションの出番です。

頬、額、鼻、顎にファンデーションを置いて外側へと広げるように塗っていきましょう。

リキッドファンデーションが塗れたらクマやニキビ跡など気になるところにコンシーラーを乗せてカバーしましょう。

最後にもう一度ルースパウダーを使います。

今度はパフではなくブラシを使いましょう。

仕上げとして使うのでふんわり感を出すために、大きめのブラシでふわっと顔全体に乗せてください。

ナチュラルで優しい印象を演出できます♡

ルースパウダー⇒リキッドファンデーション⇒ルースパウダーという順にすることでメイクの崩れを防いでくれます。

ルースパウダーをパフでしっかりと塗ることで、皮脂の分泌を抑えてくれ、最後にブラシでふんわりルースパウダーを乗せることでナチュラルメイクになります。

これからの季節、化粧崩れは女子にとっては悩みの種ですよね。

ルースパウダーを上手に使って化粧崩れを未然に防ぎまでょう♡

-健康, 美容
-, , , , , , , ,

スポンサーリンク

関連記事

老け顔にならないために!“NG表情”と“NG仕草”とは?

シワやたるみ、二重あごの原因は日常の表情や仕草にひそんでいます! 老け顔にならないためにも今回は“N …

かぶって寝るだけ!“ナイトキャップ”で美髪になろう!

日本人にはあまり馴染みがないので“ナイトキャップ”といわれてもピンとこない人が多いかも知れませんが美 …

なりたい自分になる!自分に自信を持つための“アイデア”

誰でも自分に自信を無くしてしまったり、落ち込んでしまうことありますよね。 そんな時に、落ち込んでネガ …

使ってる?“マスカラ下地”は必須アイテム♡

アイメイクの時にマスカラは絶対に塗る!という人は多いけど、マスカラ下地は使っていますか? 実はマスカ …

痩せる=自分を整える

ご存知のとおり、歳を重ねるにつれ基礎代謝量が減り、結果脂肪がついてしまう。食べたものをエネルギーとし …